墓石がまだで墓地だけ手に入れている場合

数多くあるお墓の中には、管理者が全く管理をしてくれない少々悪質とも言えるお墓もあります。
基本的には所有者自身でお墓の管理をすることとなりますが、それでもある程度管理をしてくれるお墓を選びましょう。 仏教につきましては、四十九日までに納骨をするということが慣習となります。
しかし都市部などではお墓を建てるお墓が無かったり、建墓に間に合わないこともよくあるようです。

 

もし四十九日に間に合わないようでしたら、お寺やお墓の納骨堂に遺骨を預かってもらって、お墓が完成してから納骨します。
このようなことは決して仏教の教えに反しているなんてことはなく、問題の無い方法となります。

 

墓地だけ手に入れて墓石がまだ未完成の場合は、とりあえず遺骨を納める納骨室だけ作って納骨することが出来ます。
角柱塔婆の正面に戒名、また側面や裏面に俗名と生没年月日などを予め書いておくこととなります。



- 注目サイト -

LED電光看板おすすめ
URL:http://led-pro.co.jp/effect/about.html
LED電光看板


墓石がまだで墓地だけ手に入れている場合ブログ:07 7 2019

読者様は、
減量のためにたくさん食べていますか?

たくさん野菜を食べても太りません。
むしろ、肌の調子がよくなります。

たくさん果物を食べても太りません。
むしろ、生き生きと元気が出てきます。

たくさん野菜ジュースを飲んでもカロリーオーバーしません。
むしろ、健康になります。

いい食材は、たくさん食べても問題はないのです。

あたくしが「減量は、食べることから始まる」と思うのは、
こういった理由からです。

自分のからだを通して実践し、その効果を感じてきました。
たくさん野菜を食べ、果物を食べました。

どんなにたくさん食べても、太ることはありませんでした。
つまるところ「からだにいい物はどんなに食べても太らない」ということです。

「たくさん食べれば太る」というのはウソです。
それは、食べているものが悪いのです。

からだに悪い物ばかりを食べていれば、少量でも太ります。
おやつやジュースは、量が少なくても、すぐに太りますよね。

しかし、からだにいい物を食べていれば、たくさん食べても太りません。

美しくなる減量に必要なのは、
「食べる量の調整」ではなく「食べ物の選択」なのです。

そもそも、食べない減量はからだによくありません。

美容と健康に必要なタンパク質・ビタミン・ミネラルを摂取せずして、
どうやって美と健康を手に入れるのでしょうか。

「食べない減量」からは完全に卒業しましょう。
これからは「からだにいい物をたくさん食べてやせる」という
減量にするべきです!

からだにいい物は、どんなに食べても太らないのです。