いつ建ててもよいお墓

普段からお墓のことについて真剣に悩んでいる人は、とにかくまずはお墓の基礎知識を勉強しましょう。
お墓担当者に相談をするのも良いですが、今ではインターネットでも簡単に調べることが出来ます。 日本におきましてはお墓を建てる時期に特別な決まりというのは定められていません。
実際に遺骨を10年近くも自宅で保管をしている人もいらっしゃいます。

 

お墓はいつ建てても良いのですが、一般的には四十九日、百カ日、一周忌、三回忌、新盆、彼岸などが多くなっています。
また一周忌に合わせお墓を建てることが最も多くなっているようです。

 

仏事を営む日に合わせてお墓を建てれば、関係者が一同に集まるワケですから、様々な手間が省け便利となります。
法要以外に建てない方が無難という話も確かにありますが、いずれにせよその確かな根拠はありません。





中央線 賃貸の優良サイト
URL:http://www.gulliver-nakano.jp/
中央線 賃貸の最新情報


いつ建ててもよいお墓ブログ:19 3 2019

昔、まだ結婚したての頃、
主人はわしのために
チョコレートを買ってきてくれることがよくありました。

それも、
ギフト用のおしゃれに可愛らしくラッピングされたものではなく、
スーパーにお徳用!として沢山入っている
チョコレートです。

しかも、唐突に大量に!
なぜかわしがとても凹んでいる時に限って…

そう、主人なりの
わしを元気づける方法だったようです。

当時、わしは気分の浮き沈みが激しく、
落ち込むととことん凹んでしまい、
何をいってもダメで周りの人は本当に大変だったと思います。

そんなダメなわしを元気づける必殺技が、
主人にとっては
チョコレートだったのです。

もちろん、
落ち込んでいる当時は
そんな風に主人の気持ちをありがたく受け取る余裕もなく、
「なんでこんなにチョコレートばっかり買ってくるの〜!
甘いし、太るやん!!」と思っていたのですが…

でも、
そんな時はどんな慰めの言葉も心に入ってこず、
そんなわしの頑固な性格を主人は見抜いていたのでしょうか、
何も言わずにチョコレートを買ってきて渡してくれるのです。

いつも後になってから、
じんわりその思いが染みこんできて
涙が出たのを覚えています。

どんな言葉をもらうよりも、
その気持ちが嬉しかったんですね。
それから、わしにとって
チョコレートは特別な贈り物になっています。

思えば、主人の愛情表現はとても面白くて、
わしがケガをした時には、
外国のきれいな山や自然の写真を送ってくれたこともありました。

「これを見てゆっくり休んでね」
というような言葉をそえて…

変わったことするなぁ…と思いつつも、
心はふっと軽くなるんですよね。

わしの主人は、そういう行動やいいエネルギーで
愛情を表現してくれる人なんです。