いつ建ててもよいお墓

普段からお墓のことについて真剣に悩んでいる人は、とにかくまずはお墓の基礎知識を勉強しましょう。
お墓担当者に相談をするのも良いですが、今ではインターネットでも簡単に調べることが出来ます。 日本におきましてはお墓を建てる時期に特別な決まりというのは定められていません。
実際に遺骨を10年近くも自宅で保管をしている人もいらっしゃいます。

 

お墓はいつ建てても良いのですが、一般的には四十九日、百カ日、一周忌、三回忌、新盆、彼岸などが多くなっています。
また一周忌に合わせお墓を建てることが最も多くなっているようです。

 

仏事を営む日に合わせてお墓を建てれば、関係者が一同に集まるワケですから、様々な手間が省け便利となります。
法要以外に建てない方が無難という話も確かにありますが、いずれにせよその確かな根拠はありません。





中央線 賃貸の優良サイト
URL:http://www.gulliver-nakano.jp/
中央線 賃貸の最新情報


いつ建ててもよいお墓ブログ:19 7 2019

カレーには
スパイスや生姜・ニンニク・タマネギなどの香味野菜により
新陳代謝を高め、脂肪燃焼・発汗促進を促す効果があります。

でも、市販のルウは油分が多く、カロリーが高くなりがち…

ダイエット中でも安心してカレーを楽しむには、
調理法や食べ方を工夫すべきですね。

まず、ダイエット中のカレーは、
カロリーの低い魚介類やたっぷりの野菜でヘルシーに仕上げましょう。

具材に肉を使うときは鶏肉の皮を取り除く、
赤身の肉を選ぶなど脂身を減らす工夫をするといいですね。

そして、市販のルウを使わず、
カレー粉や複数のスパイスを使えば、
油分を大幅にカットできますよ。
市販のルウを使う場合は表示の分量の半分にし、
他の調味料で味を調えましょう。

また、
スパイスには食欲増進効果があるので、
カレーはついつい食べすぎてしまいがち…

なので、
ライスに少し工夫加えて、
カロリーを抑えましょう。

例えば…
しらたきをライス粒くらいに切り、
フライパンで炒ってからお米に加えて炊きます。
しらたきはノンカロリーなので、
ライスのカロリーを減らすことができますよ!

また、雑穀米や玄米なら
白米より噛み応えがあり、
良く噛んで食べることで食べすぎを防止できます。

カレーを単品で食べると、炭水化物に偏りますので、
野菜サラダや温かいスープなどをいっしょに食べ、
バランスをとりましょう。

また、他のおかずを食べあわせることで
カレーだけの食べすぎを予防できますよ。

このように
カレーも工夫次第でダイエット向きの料理になります。
ダイエット中でも美味しく食べて、
キレイに痩せたいですよね!